ドイツに留学していた時の恋愛の思い出

ドイツに留学していた頃、年上のドイツ銀行で働いているドイツ人とお付き合いしてました。知り合ったきっかけは、私が学校のドイツ語の勉強だけでは足りずに個人レッスンを探して見付けたのが彼でした。

最初はお金を払って教えてもらっていましたが、半年後くらいにデートに誘われて「お付き合いして欲しい」と言われました。

私は承諾して3年ほど付き合っていました。デートや旅行に良く出かけましたが、支払いはいつも彼持ちで、私が「払うよ」と言うと「君は学生で君のお金は、ご両親がドイツ語を勉強するために使うものだから、自分は社会人だから良い」と払わせてくれませんでした。

ドイツ語のレッスンも「お金は要らないから、その代わりこれからは常に何でもドイツ語で話す事」を条件に無料になりました。

3年経ってまたデートに呼び出されると、今度はプロポーズされました。とても悩んで1カ月待ってもらいましたが、結局は「結婚は考えてないから、ごめんなさい」と別れました。今では良い思い出になっています。

こういうサイトを見てばかりの日本人男性も、彼のような精神を学んで欲しいなと切に思いま。す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です