今でも思い出す恋の思い出

悲しいものだった。

ただただ愛が欲しかった。甘えたかった。

恋を知って2度目からの恋なんて、心の隙間を埋めるためのものだった。

父親にはまったく愛情がない人だったから。

その代わりに男の人に愛を求めてしまったのだと思う。

今になってみれば、反省する相手がたくさんいて。

あれだけ優しくしてくれたのに、あんなに本気になってくれたのに・・・

ごめんね。本気になれなかった。

ただ、私の思い描く欲求を満たしてくれれば嬉しかった。

本気の恋をしていれば、どれだけ幸せな想い出が生まれただろう。残っただろう。

思い出したくないような適当な恋愛ばかり重ねてしまった悲しい記憶の塊。

もう一度人生をやり直せるなら、きちんと愛した人とだけ付き合いたい。

親からの愛を感じなかった子供は、他の人に愛を依存してしまう。

まさにそうだった。としか言いようがない。

もっともっと素敵な愛し方を知りたかった。

以前働いていた職場での恋の思い出

以前働いてた職場で、アルバイトで入ってきた女の子が可愛かったので、声をかけようとしたのですが、自分は奥手なのでなかなか話しかけられませんでした。

ある日、気になる子の持っている携帯の色、機種が自分のとまったく同じな事に気がつき、これはと思い話し掛けることにしました。

そしたら、携帯の話をきっかけに話が弾み、休憩中一緒になる度に色々な話をするようになりました。

お互いの過去の話しもするようになり、知らず知らずによくあるパターンの恋愛に発展することになりました。

最初からがめつく行くのは危険かなと思い、飯を食べに行ったりドライブに行ったりとゆっくり進む事にしました。

付き合い始めて1ヶ月位経ったときに家に呼んだのです。その時は飯を作ってあげたり、映画を観たりして終わったのですが、後日人伝えに聞いた話が向こうとしては求めていたらしく、手を出さなかった事が、チキンとして見られてしまいました。

女心はわかりません。

それから、ディズニーランドに行ったり飯を食べに行ったりして更に1ヶ月位経ったときに関係をもったのですが、何故かそれから一週間後理由は全く分かりませんが別れてしまいました。付き合って日が浅かったので、然程落ち込みはしませんでしたが、それでもやはりショックでした。

女心は、本当にわかりません。性欲が有り余ってしまったのでこのサイトを参考にツイッターでの出会いを求めてしまいました。

ツイッターでの出会いなら!セフレを量産する裏ワザと出会い系サイトのすすめ

仲直りするための手段と体験談

先月、ちょっとした事で言い合いの喧嘩になった彼氏から、嫌な言葉で沢山のメールが来ました。

読めば、読む程、腹が立って少しの間、無視しました。

2日、放置した彼氏が、我慢出来なくなって普通に話してきました。

たぶん、自分から話し掛けたく無かったと思うんですけど、普通に話しかけてきたので、普通に応対しました。

彼は、心の中で多分、怒っているはず・・・なのになんで優しいんだろう?と思ってたはず。

いつも、喧嘩の末に怒っていた私が、何故か怒ってない・・・って疑問だったと思います。

私は、初めて怒らずに仲直りの手段を取ってみました。

彼氏は、こんな私に戸惑いながらも、こんな仲直りもあるの?ラッキー!!

と思いつつ、彼女も成長したのかな?と・・・彼氏の対応が変わり、喧嘩が起こらなくなりました。

恋愛って、元は他人同士の付き合いだから、そんなに大事にしなくても良いって気持ちもありますが、大事にするって事は、一つ我慢をする、近付くには一つも隠し事をしないのが一番長く寄り添える秘訣だなーと思いました。

ドイツに留学していた時の恋愛の思い出

ドイツに留学していた頃、年上のドイツ銀行で働いているドイツ人とお付き合いしてました。知り合ったきっかけは、私が学校のドイツ語の勉強だけでは足りずに個人レッスンを探して見付けたのが彼でした。

最初はお金を払って教えてもらっていましたが、半年後くらいにデートに誘われて「お付き合いして欲しい」と言われました。

私は承諾して3年ほど付き合っていました。デートや旅行に良く出かけましたが、支払いはいつも彼持ちで、私が「払うよ」と言うと「君は学生で君のお金は、ご両親がドイツ語を勉強するために使うものだから、自分は社会人だから良い」と払わせてくれませんでした。

ドイツ語のレッスンも「お金は要らないから、その代わりこれからは常に何でもドイツ語で話す事」を条件に無料になりました。

3年経ってまたデートに呼び出されると、今度はプロポーズされました。とても悩んで1カ月待ってもらいましたが、結局は「結婚は考えてないから、ごめんなさい」と別れました。今では良い思い出になっています。

こういうサイトを見てばかりの日本人男性も、彼のような精神を学んで欲しいなと切に思いま。す

恋愛とは等価交換である

わたしは恋愛は等価交換だと思う。

男だったら年収、仕事、ルックス、性格等の総合点、女だとルックス、家事スキル、性格等の総合点で、同じくらいの点数同士の人が付き合ったり結婚したりするものだ。

某お見合い番組を見ると、特にそう思う。一番人気同士でくっつく事が多いし、ビミョーなルックスの男性は、年配のこれまたビミョーな女性とくっつくことが多い。

じゃあ、『年収も高くて仕事も出来てイケメンと付き合いたい!』『モデルみたいなルックスの女を連れて歩きたい!』場合はどうすればいいか。
非常に簡単である。
自分の総合点を上げれば自ずと総合点の高い異性が寄ってくる。

あと、総合点の低い同性とばかりつるんでると、総合点の低い異性ばかりが寄ってくるので要注意だ。

恋愛も友情も同じような点数同士の集まりで構成されているのだ。

お相手のレベルが低いとか、もっとハイスペックな男性と結ばれたいとか嘆いていないで、自分を磨くことが必要だ。

今のままで良いと思うならそれで良いですけど、現状を変えたいと思うなら少しでも努力をしないとね。